東洋医学のすゝめ

はり治療は、2000年以上の長い歴史を有する東洋古来の伝統医療です。漢方治療と同様に、心身両面より患者さん個々の状態を細かく診察し、一人一人に 合わせて治療を行います。また、鍼灸治療の効果が期待できないケースや、より専門的な診断が必要な場合には、速やかに他の専門診療科に依頼することを原則 としています。治療に用いる「はり」は、直径0.16mm~0.30mmの非常に細いディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)で、刺入しても痛みを感じることは ほとんどなく、むしろ心地よいものです。はり治療は、頭痛や肩こり、顔面神経麻痺、めまい、耳鳴り、頚肩腕症候群、五十肩、肋間神経痛、腰痛、坐骨神経痛、膝関節痛、スポーツ障害、関節リウマチ、脳卒中などの痛みや麻痺性疾患に効果があります。また、便秘や生理痛、足の冷え、排尿障害、軽度高血圧、膠原病に起因するレイノー現象や乾燥症状等の自律神経機能の異常が原因となる症状にも有効です。また、がん患者の有する難治性の痛みや食欲不振、悪心、嘔吐、 便秘等の消化器症状でお悩みの方もぜひ治療を受けて下さい。古くから国民の健康保持・増進に携わってきたはり治療ですが、近年、科学的な研究も数多く報告 されるようになり、予防医学の面からも副作用が少なく、かつ安全性の高い治療法として再認識されております。治療を希望される方、また、はり治療について のご質問はご遠慮なく外来までご連絡ください。

1984年  埼玉医科大学 第二内科東洋医学部門 開設

2000年  埼玉医科大学 総合医療センター  麻酔科ペインクリニック 開設

2002年  埼玉医科大学 東洋医学診療科

2004年  埼玉医科大学 かわごえクリニック 東洋医学科 開設

2009年  埼玉医科大学 東洋医学センター

1986年  埼玉医科大学 総合医療センター 外科 

MAP


東洋医学科 QRコード